基調講演

 

1937年6月1日三重県伊勢市生まれ。
1959年小田原瓦斯(がす)株式会社入社。
1973年に同社を退職し、仲間数人とボランタリーチェーンの経営を始めるが、2年半で倒産。その際、個人保証された2,400万円の負債を2年半で完済する。その後、当時社会問題となっていた化粧品による皮膚トラブルに着目し、1980年4月、無添加化粧品事業を個人創業、1981年8月ジャパンファインケミカル販売株式会社(現在の株式会社ファンケル)を設立、代表取締役社長に就任。
1999年12月、東証第一部に上場。自身自ら「定年制」をしいて2003年に会長、2005年名誉会長に就任。2013年1月、経営再建のため執行役員として復帰し、同年6月、代表取締役会長に就任、現在に至る。

 

 

1954年生まれ。公認会計士、未来経営塾塾長、経営コンサルタント。早稲田大学商学部卒業後、現・有限責任あずさ監査法人などを経て、安本公認会計士事務所を設立。1990年に㈱ファーストリテイリングの柳井正社長と出会い、上場準備コンサルティングを経て93年より同社社外監査役となる。現在、アスクル㈱、㈱リンク・セオリー・ジャパン、㈱FRONTEO、GROOVE X㈱の社外監査役でもある。 2007年から6年間、中央大学専門職大学院で特任教授を務めた。著書は『ビジネスにいちばん使える会計の本』、『ユニクロ!監査役実録』、『強い会社をつくる会計の教科書』(以上、ダイヤモンド社)など多数。

 

1938年、長野市出身。1958年「洋服の青木」を創業。1976年8月、現・AOKIホールディングスを設立。代表取締役社長に就任。毎日日替わりで着替えることができるようにとスーツの流通革命を実現。1991年9月、東証一部上場。以降、ブライダル、エンターテイメントと事業を拡大。2010年6月、代表取締役会長就任。現在あわせて約1,250店舗を全国に展開するグループのCEOを務める。
2018年11月には、地元長野松代にある象山神社に、幕末の思想家、兵学者の佐久間象山、象山を見出し抜擢した主真田幸貫公、2名の銅像、象山門下生の吉田松陰、坂本龍馬、小林虎三郎、勝海舟、橋本左内の5名の胸像及び高杉晋作、久坂玄瑞、中岡慎太郎3名のレリーフを建立、奉納。多くの人々に10名の偉業を伝える。

 

日創研グループの代表をはじめ各社の代表取締役を兼務する実務家。
公益社団法人 日本青年会議所(日本JC)の研修担当常任理事、国際室担当 副会頭を歴任。
1998年 スタンフォード大学に客員研究員として渡米。
「ベンチャー企業の仕組み」「日米の経営比較」「ジュニア・アチーブメント・プログラム」等を研究。
ICMCI(国際公認経営コンサルティング協議会)認定の国際資格「CMC」取得。
公益社団法人 全日本能率連盟 認定「マスター・マネジメント・コンサルタント」取得。
一般社団法人日本ペンクラブ 会員で著書多数。
現在、月刊『理念と経営』にて、「企業の成功法則 社長力・管理力・現場力 三位一体論」を執筆中。
主な担当研修として、「新しい時代の社長学」、「社長塾」、「ケースメソッド授業」、「経営理念塾」など多数ある。