日創研 神奈川経営研究会

~理念・使命に立ち返り 新たな価値を三位一体で創造~

活動報告

活動

2018年2月例会が開催されました

2gatsu_a【すべては志命感から始まる】独立創業、V字回復、増収増益、社員満足、顧客満足、社会貢献。

講師:株式会社中心屋 代表取締役社長  斎藤忠孝氏

2月21日に神奈川中小企業センターにて2018年の2月例会が開催されました。

今例会では、株式会社中心屋 代表取締役社長の斎藤忠孝講師をお招きし、
「すべては志命感から始まる」と題し、「志」「使命感」について御講演いただきました。

ご講演の中で、ディスカッションも取り入れて、ただ聴くだけではなく自ら発言する機会も設けていただきました。
出席率も80%を超える盛会となりました。

2018年1月例会が開催されました

【「働き方改革」という 時代に備えよう!!】
講師:有限会社 野間田鍍金工場 代表取締役会長 島 信司 氏1gatsu

1月23日に日本丸メモリアルパーク訓練センターにて2018年の1月新春例会が開催されました。
改革の出発点は「問題意識」。 自社の現状を見据え、「このままで自社の目標は達成できるのだろうか?」と疑問を持ち、自社の成長課題を定量化設定し、「自社にとっての最適」を追求すること、そして最適の実現のためには、経営者が決して決断したことを妥協しないことが改革実現へのカギだということを、熱く語っていただきました。23名のオブザーブ・他経営研究会の方も3名ご出席を頂き、出席率も87.5%となり、
盛会だったとともに、初のお弁当形式での懇談会も問答が活発でした。

2017年10月例会が開催されました

10gatsu10月19日に日本丸メモリアルパークにて2017年の10月例会が開催されました。株式会社玉寿司 代表取締役 中野里 陽平 氏を講師に迎え、創業の精神”暖簾への念い”がいかに経営理念と絡み合い、事業永続の原動力となっているかをお話しいただきました。
オブザーブのご参加も多く、会員出席率83%超の盛会となりました。
自社に起こった逆境とそれをいかに乗り越え今に至るのかを、時には熱く、時には砕けた言葉でユーモアを交えながら分かりやすくお話をいただきました。特に経営理念をいかに収益につなげるのかへのこだわりが強く、ポイントとしての具体例(良い習慣の定着化、清掃の徹底、ニーズ把握および仕組みづくり)をあげてご説明をいただいた内容については、自社に置き換えて考えられるものが多く、例会の事業目的に掲げた”会員企業の事業発展”に沿った素晴らしい内容でした。

8月例会が開催されました

8月23日に開港記念会館にて2017年の8月例会が開催されました。shimanoe
株式会社 代表取締役 島ノ江利継氏を講師に迎え、徳目朝礼の活用について、自社の例を交えてたいへん分かりやすくご説明いただきました。また実際に行うことで、初めての方にも触れていただくことが出来ました。
オブザーブのご参加も多く、会員出席率82%超の盛会となりました。
事業テーマについては、社員教育のプログラムをしっかりとつくり、新入社員を先輩社員が教育する社風を作っていく、または、経営者自体の生き方で社風を作るのだと学びました。また、社内徳目朝礼を実施している、あるいは実施を検討している会員企業の社員さんの参加が多く、「社員さんと共に学ぶ」という会のテーマを実践することが出来ました。「徳目朝礼の導入について大きなきっかけとなった」との声を多くいただくことの出来た例会となりました。

7月例会が開催されました

sugiyama【経営計画発表大会 ~経営計画はじめてみました!~】
特別アドバイザー:株式会社建装 代表取締役 杉山 穣 氏

7月13日に日本丸メモリアルパークにて2017年の7月例会が開催されました。神奈川ではおなじみの株式会社建装 代表取締役 杉山穣氏を特別アドバイザーに迎え、発表者8名中4名が初めての経営計画作成・発表となるなど、新しい時代を感じるエネルギー溢れる活例会となりました。
会員出席率83.9%の盛会となりました。
今回より初めて導入されたショートバージョンの影響もあり、前述通り新しく取り組むメンバーが大幅に増えました。発表者としては、フィードバックはもちろん、計画書作成の過程において多くの気づきを得ることが出来たとの声がありました。また聞く側としても、アドバイス側の質問やアドバイスから学ぶことが多かったとの声がありました。まさに会の理念「共に学び 共に栄える」にふさわしい、経営研究会の醍醐味の一つといえる事業となりました。7chirashi